シミ対策として効果が期待できるスキンケア

young asian woman beauty image isolated on white background

シミができる原因として挙げられるのが、メラニンを含む古い角質が肌の表面にとどまってしまうこと。この場合はまず溜まった古い角質を落とすのが大切です。少しの摩擦であっても肌には負担がかかり、その刺激で角質が厚くなって余計にシミが濃くなってしまいます。洗顔のときには細かいふわふわの泡で肌を包み込むように洗いましょう。顔全体を洗ったら、薬指の腹で小鼻などの細かいところを洗っていきます。その後、人肌程度のぬるま湯ですすぎ、冷水をあてて肌を引き締めます。顔を拭くときもゴシゴシするのではなく、タオルで軽く押さえる感じで水分をとってください。

硬くなってしまった古い角質を柔らかくして落とすならパパイヤやパイナップル、ハトムギなどの天然由来酵素を使った酵素洗顔料がおすすめ。酵素洗顔料は粉末タイプが基本なのですが、粉末は泡立ちにくいのでネットなどを使ってよく泡立ててから洗顔しましょう。使い過ぎは逆に肌を痛める原因にもなるので注意してください。天然素材を活かした洗顔料としては、他に炭や泥を配合したものがあります。炭は多孔質という無数の小さな穴によって、泥は粘性や粘着力によって古い角質や皮脂を落としてくれます。古い角質を落としたあとの肌は一時的に保湿力が落ちるので、化粧水をたっぷりつけ、乳液やクリームでしっかりとフタをしましょう。ちなみに、基礎化粧品はフルラインでそろえるのがベスト。合わせて使うことで肌への相乗効果が期待できます。

このようなスキンケアを続けていくことで、シミの対策効果が期待できます。それでも気になる場合にはメイクでうまくカバーしていきます。上手なシミ隠しのポイントになるのがファンデーション選び。おすすめなのはカバー力の高いクリームタイプやリキッドタイプです。保湿剤が配合されていて伸びがよく、トリートメント性も高いので乾燥やシミ予防にもつながります。これにコンシーラーなどを重ね、うまくシミ隠しをして、女性の大敵ともいえるシミを少しずつ改善していきましょう。