更年期障害に効き目のある成分やサプリメントとは?

Pills in hands. Medicine and health care concept

更年期障害は女性ホルモンが減少することで、自律神経のバランスが乱れることであらわれる様々な不調のことです。ほてりやのぼせなどの身体的なものやイライラや憂鬱などの精神的なものなど症状は多岐にわたります。

これらの症状に効果的なサプリメントや成分として、大豆イソフラボンやポリフェノール、プラセンタ、マカ、ローヤルゼリー、漢方系サプリメントなどがあります。大豆イソフラボンは、別名植物性エストロゲンと呼ばれるほど女性ホルモンと似ている働きをする成分です。様々な不調は、女性ホルモンであるエストロゲンが激減することで引き起こされるため、イソフラボンで補うことができれば症状の緩和が期待できます。また、イソフラボンを摂取することで、更年期のイライラや焦り無気力などの精神的なものも健やかになります。

プラセンタは、病院でも薬や点滴として処方されることがあります。プラセンタは、女性ホルモン生成に役立つため、減少を阻止することができます。自律神経の乱れを整えることができるため、焦燥感や喪失感、無気力、精神的なイライラなどの精神面に効果が期待できます。さらに、肉体的な発汗、頭痛、ほてり、めまいなどにも効果的とされています。